メニュー

まつげ貧毛

まつ毛貧毛症とは?

まつ毛貧毛症とはまつ毛が不十分であったり不足していたりする状態を指します。まつ毛が少ない・短い・細い・薄いと感じる方は、まつ毛貧毛症の可能性があります。

まつ毛貧毛症の原因で最も身近なものは、間違ったまつ毛ケアによる毛包周辺へのダメージです。まつ毛は、加齢によってもその長さや濃さが減少し、年を重ねるごとに弱々しくなっていきます。他にはアトピー性皮膚炎や乾癬などの皮膚疾患や、抗がん剤のなど薬の副作用でまつ毛が抜けることもあります。
まつ毛を濃く美しく育てたいという方は、まず間違ったまつ毛ケアをしていないか一度見直してみてください

まつ毛がダメージを受ける例

  • ビューラーでまつ毛をひっぱる
  • ビューラーでまつ毛を根元から立ち上げる
  • ビューラーのゴムが劣化したり不潔だったりする
  • ホットビューラーの使用
  • マスカラを何度も重ね塗りしている
  • クレンジング時にまつ毛を強くこする
  • つけまつ毛をよくつける
  • まつ毛エクステをよくしている

なお、まつ毛貧毛症は医療機関で治療できますが、発毛できる毛包がない場合にはルミガン®による治療効果は得られません。
また、ルミガン®は毎日の使用が効果的であり、使用を中止すると使用前のまつ毛の状態に戻ります。

 

 

以上の点をご注意いただいた上で、当院では「ルミガン®外用液剤 0.03%2.5mL」の処方を行っております。

ルミガンとは?

ルミガン®はもともと緑内障の治療薬ですが、その成分の「ビマトプロスト」に発毛・育毛効果が認められ、まつ毛貧毛症治療にも用いられます。
まつ毛貧毛症とは、まつ毛が不十分・不足している症状で、ルミガン®はまつ毛が少ない・短い・細い・薄いなどの悩みを改善します。液状の外用薬のため、専用ブラシで上まつ毛の生え際に塗布して使用します。

 

ルミガンで改善できる症状

上まつ毛が少ない、短い、細い、薄いなどまつ毛が不十分、不足している状態における上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さの改善

 

 

有効な施術回数 1日1回、上まつ毛根元生え際に毎日塗布することを推奨します。塗り忘れた場合は使用回数や塗る量を増やさず、定められた用法用量を守ってください。1日1回以上塗布しても効果が高まるものではありません。
治療時間 数分間。ご自宅で、ご自身で行ってください。
ダウンタイム ダウンタイムはありません。
お客様で必要な事前準備

コンタクトレンズは外してください。お化粧を落として洗顔した清潔な肌に使用します。

薬の塗布に使うはけや綿棒は必ず毎回交換をお願いします。

禁忌事項 妊婦の方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方、使用する薬剤の成分に過敏症感染性皮膚疾患がある方は使用できません。皮膚疾患や持病のある方、目の手術をした方・治療中の方などは必ずお申し出ください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME