メニュー

円形脱毛

ある日突然、10円玉程度の脱毛斑が出来る「円形脱毛症」ですが、痛みなどの症状を持たないため、自分では気付かず、他人に指摘されて発覚するケースも多いです。多くは数カ月の経過で自然治癒して行きますが、重症例になると脱毛の範囲がどんどん大きくなったり、1カ所の脱毛斑が複数に増え、それぞれが融合して、さらに大きな脱毛斑になる、といった経過をたどる場合もあります。もっとも重症な経過としては、全身の毛が抜けてします場合もあります。

原因

円形脱毛症の原因ですが、自己免疫疾患の一種と考えられています。
本来我々の身体には、ウイルスや細菌などから身体を守る免疫、という能力が備わっていますが、これが何らかの要因で自分の身体を攻撃して、さまざまな症状を引き起こす疾患を、自己免疫疾患と呼びます。円形脱毛症は、本来なら外敵と戦うリンパ球が、毛包を攻撃することによって、毛包が萎縮し毛が抜けてしまうことが分かってきました。ただ、そもそもなぜそんなことが起こるかについては、現在のところはっきりと分かっていません。

よく、円形脱毛の原因はストレス、と言われますが、ストレスがたまることで、免疫機構に異常を来たし、それが引き金となって円形脱毛症が発生することが考えられています。その他アトピー素因のある方、出産後の女性ホルモン値の変化なども原因のひとつと考えられています。

脱毛の範囲によって、
全頭脱毛症(脱毛が多発することで、頭髪のほとんどが欠損した状態)
汎発型脱毛症(頭髪以外に眉毛やわき毛、陰毛なども欠損した状態)
になることもあります。
円形脱毛症の原因は不明ですが、時には別の病気があることで二次的に脱毛が生じることがあります。
特に女性では甲状腺疾患、膠原病により脱毛することがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME