メニュー

美容内服薬セット

顔にできてしまったシミやそばかす、肝斑などは、日々のスキンケアではなかなか改善させるのは難しく、美容医療に頼る方も多いかと思います。そんなときに美容医療の施術とともにオススメしたいのが、美容内服薬です。当院では2022.9より美容内服セットの自費販売を開始いたしました。

美容内服セットとは シナール配合錠の説明 トランサミンの錠の説明 料金

美容内服セットとは

美容内服セットにはシナール・トランサミンというシミの予防や改善効果、肌の弾力性をアップする効果のある内服薬となります。医師の診察が必要な内服治療となります。

こんな方におすすめです

・シミやそばかすがなく、白く若々しい理想のお肌を手に入れたい方。 ・レーザーや外用薬でお肌の治療中の方。 ・肝斑のある方 ・レーザー治療や痛みのある治療に抵抗のある方

 

シナール配合錠

シナール配合錠 主成分

ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸を配合した複合ビタミン剤です。

シナール配合錠 効果・効能

ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミ・肝斑など)の改善効果があり、身体の抵抗力を高める効果もあります。
また、美容に欠かせない栄養素で、特に皮膚、骨、血管などの繊維成分であるコラーゲンの生成を促進します。

パントテン酸カルシウムの有効成分はパントテン酸で、栄養素としてはビタミンB5です。
糖分、脂質、たんぱく質の代謝を促し、皮膚を綺麗に保つ効果があります。
ビタミンCと一緒に摂取することで、ビタミンCの働きを助けます。
ステロイドの成分でもある副腎皮質ホルモンの自然分泌を促進する機能があり、パントテン酸はアトピー治療にも使われております。
処方薬の「シナール」は、ビタミンCとビタミンB5が配合されており、肌の調子を整え、シミの予防と改善の効果が期待できる優れた処方薬です。

 

シナール配合錠 用法・用量

1回1錠を1日3回服用してください。

 

シナール配合錠 副作用

【胃不快感・悪心・嘔吐・下痢】

シナールは安全な薬で副作用はほぼございませんが、ビタミンCの特徴として摂り過ぎるとおなかがゆるくなることがあります。 また身体に合わない場合、胃の不快感、悪心、嘔吐、下痢など消化器系の副作用が出る事があります。 その際はすぐに服用を中止し、当院までご連絡ください。

 

 

トランサミン錠250mg

トランサミン錠250mg 主成分

トランサミンの成分は、トラネキサム酸です。

トランサミン錠250mg 効果・効能

トラネキサム酸には、シミや肝斑を改善する大きな効果があります。
トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症、抗アレルギー、止血効果があります。

病院では、止血剤、抗プラスミン剤として処方され安全性が高い薬なので、幅広く使われています。
トラネキサム酸の特徴は、抗プラスミンの作用です。
肌が紫外線等の刺激を受けると、メラノサイトにメラニンを作るための情報が伝達されます。
その際、トラネキサム酸はシミを発生させるプロスタグランジンという物質の伝達を阻害する為、メラニン生成が抑制されるという仕組みです。

肝斑ができるのは、メラノサイトが活性化すると生じると考えられていますが、メラノサイトの活性化を促進させる物質として、プラスミンという物質があります。
プラスミンとはタンパク質分解酵素のことで、血液を溶かす作用があり、アレルギーや炎症の原因となります。
トラネキサム酸は、プラスミンの血液を溶かす働きを抑制する効果があり、これが止血作用となるのです。
同時に、プラスミンのアレルギーや炎症を起こす作用も抑えるので、アレルギー症状や腫れなどの症状にも効果があり、口内炎や湿疹、蕁麻疹などの治療に使われています。

 

トランサミン錠250mg 用法・用量

1回1錠を1日3回服用してください。

 

トランサミン錠250mg 副作用・禁忌事項

【過敏症・悪心・下痢・胸やけ・発疹】

-服用してはいけない場合-
・トロンビンの服用中

-慎重に服用すべき場合-
・脳血栓・心筋梗塞・血栓性静脈炎などの血栓症が現れるおそれのある人
・消費性凝固障害(ヘパリンなどと併用すること)
・術後の臥床状態にある人および圧迫止血の処置を受けている人
・腎不全

・ピル内服中

 

料金

 

 

美容内服セット

(シナール・トランサミン)

1カ月分

3,000円
税込3,300円

初診料(初診時半年受診なし)    

1,100円

再診料 (半年以内) 

550円

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME