メニュー

院長ブログ

コロナワクチン接種後の皮膚症状(副作用・副反応)について(2021.07.19更新)

古河地区でも大分、コロナワクチン接種が普及してきました。私も2回接種しましたが、大きな副作用・副反応はみられませんでした。コロナワクチン接種後の皮膚症状の副作用・副反応が接種部位の赤みや腫れのみであれば、病院を受診される方は少ないと思います。それ以上の症状が出現した場合、病院を受診される方が多いのではないでしょうか?当院にも少数の方ですが、コロナワクチンが原因と考えられる方がおりました。当院を受診された患者様では、両腕や両足などに痒みを伴った赤いぼつぼつの症状が認められる方が多かったです。飲み薬や塗り薬なので治療し、だんだんと良くなりました。

「モデルナアーム」という言葉はご存じでしょうか?日本では、ファイザー社製やモデルナ社製のワクチンが接種されていますが、モデルナ社製のワクチンのみ接種後1週間前後で接種部位に赤みや腫れがでる症状の事を言います。女性に多い症状で遅発性の過敏反応と言われています。軽症で終わる事が多いとの事で、当院でも受診された方がおりました。

当院のみでの結果のため皮膚症状の副反応・副作用については、集計が待たれるところです。

補足ですが、コロナワクチン接種後の副作用・副反応の皮膚症状の話しであり、コロナに感染した方の皮膚症状の話しではありません。安心してご来院ください。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME