メニュー

日焼け止めについて

[2022.07.31]

前回のブログで日焼け止めの重要性を書きました。では、具体的には何を何回塗ればいいのかを書きたいと思います。

日焼け止めは朝1回しか塗らないという人が多いかもしれませんが、汗や摩擦で日焼け止めは取れてしまい時間経過とともに効果が下がってしまいます。特に、外に出る人は日差しが強い午後には無防備になっている状態で日焼けしてしまいます。数時間に1度は塗りなおすのが、理想です。

日焼け止めを見ると「SPF」「PA」と書いてあると思います。「SPF」とは、「Sun Protection Factor」の略で、前回書いたUVBに対する防御効果を示すもので、値が高いほど効果が高いです。「PA」とは、「Protection Grade of UVA」の略で、文字通りUVAに対する防御効果を示すもので、「+」が多いほど防御効果が高くなります。当然高いのを塗っておけば間違いないと思われるかもしれませんが、高いものは、肌に負担をかける事があり肌トラブルの原因になることもあります。なので、使い分けるのがいいと思います。

例えば日中は屋内にいることが多い日は、SPF20~30,PA+~++の日焼け止めを3~4時間目安に塗りなおすのがいいと思います。日中は屋外にいることが多い日は、SPF30~40,PA++~+++の日焼け止めを2~3時間目安に塗りなおし、1日中外で運動する日は、SPF40~50,PA+++~++++の日焼け止めを2時間目安に塗りなおしてはいかがでしょうか?手や首の後ろも忘れずに塗りましょう。

 

 

当院で取り扱っている日焼け止め

 

当院で取り扱っている日焼け止め

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME