tel.0280-31-1217
9:30~13:00 -
14:30~18:30 -

休診日:木曜、日曜、祝日 :土曜午前の診療時間は、9:00~13:00
:土曜日午後は、14:00~17:30(完全予約制)の手術、レーザー治療

一般皮膚科

24時間ネット受付 24時間ネット受付

一般皮膚科

一般皮膚科

皮膚科では、湿疹、虫刺され、にきび、水虫、いぼ・たこ、日焼けといった皮膚疾患全般をはじめ、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、金属アレルギーによるかぶれなどの診察・治療のほか、軽度の外傷や熱傷(火傷)につきましても傷跡をできるだけ残さない治療を行います。また、爪や毛髪も皮膚の一部ですので、これらの疾患、お悩みについてもお気軽にご相談ください。なお、当診療科は基本的に保険診療となります。

当院も地域にお住まい・お勤めの皆様が皮膚科「かかりつけ医」として、足繁く通われた「こだま皮膚科クリニック」同様に患者様が些細な皮膚の異変でも気軽にお話しできる家庭的な雰囲気を大切にすることを院長ほかスタッフ一同で共有しております。また日頃から皮膚のことで悩まれている方も日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医としての見地から、お一人お一人に合ったスキンケア法をアドバイスいたします。

皮膚科を受診する患者様に多く見受けられる症状・疾患

  • 湿疹
  • かぶれ
  • かゆみ
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • 乾燥肌
  • にきび
  • 水虫(足白癬)
  • 虫刺され
  • ほくろ
  • いぼ
  • たこ、うおのめ
  • おでき
  • 巻き爪(陥入爪)
  • やけど
  • 帯状疱疹
  • 円形脱毛症 など

アトピー性皮膚炎

かゆみや湿疹が左右対称に両手・両足や体などに現れ、症状が良くなったり悪くなったりを慢性的に繰り返します。患者様の多くはドライスキン(皮膚が乾燥しやすい素因)とアトピー素因(アレルギーが発生しやすい体質)を併せ持っています。

この疾患ですが、初期の頃は首や関節の周囲、あるいは耳たぶなど皮膚の比較的柔らかい部位に粉を吹いたような、かさついた状態がよく見られます。炎症(皮膚炎)の程度は患者様によってそれぞれ異なりますが、症状は全身におよびます。また年齢によって皮膚症状が変化していくのも特徴のひとつです。

アトピー性皮膚炎はこれまで小児特有の皮膚疾患と考えられていました。しかし、最近は成人になっても症状が治まらずに慢性化するほか、さらに症状が悪化したという患者様も多く見受けられます。このようなことから、遺伝的な体質や環境要因(ストレスなど)が影響して発症するのではないかとも言われるようになりましたが、そのメカニズムはまだ完全に明らかにはなっていません。

治療については主に薬物療法となります。外用薬中心の治療となりますが、内服薬として抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、漢方薬も処方します。

じんましん

かゆみの強い発疹が現れる疾患です。ただ発症した後、数十分から数時間以内に発疹が消えるのが普通ですが、中には半日から1日くらいまで続くものもあります。一度発疹がみられると、同じ発疹が繰り返し現れます。この期間が1カ月以内の場合は急性じんましん、1カ月以上では慢性じんましんと呼びます。

じんましんは、主にアレルギー性か非アレルギー性かで分類されます。前者の場合はアレルゲン(アレルギーの原因となる抗原性物質、食物、薬剤、植物や虫など)に触れることで発症しますが、この場合は急性が多く、皮膚が盛り上がってかゆみが生じるようになります。また後者は、物理的な原因で起こるじんましんのことで、爪で皮膚を引っかいたり(機械性じんましん)、体が温まると出てきたり(温熱じんましん)、日光に当たることで発症する(日光じんましん)、汗を掻く刺激で出る(コリン性じんましん)といったことで起こるじんましんです。このほか、特発性じんましん(原因不明も疲労やストレス、かぜなどが症状を悪化させることは知られています)もかなり多いです。

患者様の訴えや症状などからじんましんが疑われる場合は、必要に応じてアレルギー検査や一般血液検査(肝機能・腎機能のチェックも含む)が行われます。

治療につきましては、アレルギー性じんましんと診断されたらその原因となるものを避けるようにします。じんましんの治療では、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用します。塗り薬などの外用薬も使用する事があります。慢性じんましんは、薬を飲むことで数ヵ月~数年の間に徐々に薬を減らすことができ、やがて薬をやめることができるようになります。このほかにも規則正しい生活に努め、睡眠をとりストレスをためないように心がけてください。

乾燥肌

乾燥肌はドライスキンとも呼ばれているもので、肌の水分・皮脂が不足しており、皮膚のバリア機能が損なわれている状態を言います。腕や脚、膝や太腿のほか、顔では頬や口周りなどが乾燥し、皮膚のかさつきやかゆみ、ひび割れなどがみられるようになります。また、乳幼児や子どもは皮脂量が少ないので乾燥肌になりやすいです。

なお皮膚のバリア機能が低下する理由ですが、肌のターンオーバーの乱れ、紫外線によるダメージ、加齢による皮脂分泌量の減少などが考えられます。

上記のような状態になっている場合、当院では皮膚のバリア機能を補いながら、かゆみを抑える内服薬として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用いるほか、保湿剤(尿素軟膏、ヘパリン含軟膏など)やステロイドの入った外用薬を医師がそれぞれの患者様の皮膚症状にあわせて処方します。

水虫(足白癬・爪白癬)

水虫は、皮膚糸状菌(白癬菌)という真菌(カビ)によって生じる感染症です。この感染症が足に現れた場合は足白癬、足や手の爪で見られた場合は爪白癬と診断されます。

足白癬では、足の裏や足の指の間などに白癬菌が寄生することで皮膚(患部)がジクジクしたり、かゆみが伴うようになり、主に3つのタイプ(趾間びらん型、小水疱・鱗屑型、角質増殖型)に分類されます。なお、足白癬の感染原因としては、ひとつのスリッパを不特定多数の人が履く、ひとつの足拭きマットを複数の人が利用している場合などにうつると考えられています。

一方の爪白癬は単独で起きることはあまりありません。足白癬や手のひらなどに白癬菌が寄生する手白癬を併発している場合がほとんどです。かゆみや痛みといった症状は現れません。爪白癬は親指に多く見られ、爪の先端から白濁していき、しだいに内部(爪母側)へと進行していきます。その際に爪はもろくなっていくので、爪切りなどを用いると粉末状態になるくらい崩れていきます。

当院では、顕微鏡で白癬菌の有無を確認した後に、医師が必要と判断した治療薬をお出ししております。なお皮膚や爪の病気には白癬菌に似た症状のものもありますので、それらとしっかり鑑別するためにも速やかにご受診ください。

治療は足白癬では、主に抗真菌薬(外用薬)を用います。爪白癬の場合は、飲み薬や外用剤があります。

いぼ

いぼは、皮膚のごくわずかな傷からヒトパピローマウイルス(HPV:ヒト乳頭腫ウイルス)が侵入し、感染することによって発症する腫瘤です。正式には尋常性疣贅(ウイルス性イボ)と言います。

手の指や足の指、手のひらや足の裏、あるいは顔などによく発症します。いぼの初期は平らで小さいですが、だんだん大きくなって盛り上がるようになります。痛みやかゆみはありません。大きくなると、表面がザラついて硬くなります。

足の裏にできるいぼは「足底疣贅(そくていゆうぜい)」と呼ばれ、常に踏まれている状態なので形状としては真っ平のままであるためウオノメと間違われやすいです。ウイルス性のいぼをウオノメだと思って自ら削るなどするといぼを広げてしまうおそれがありますので、自己判断はせずにしっかり皮膚科で鑑別するようにしてください。

いぼの除去方法で最も一般的なのが液体窒素療法です。これは液体窒素でいぼを凍らせて壊死させる方法で新たな皮膚の再生を促すようにするものです。これは1回で終わることはありません。1~2週間に1回の間隔で通院しますが、長い場合は半年以上かかることもあります。他の治療も当院では、可能ですのでご相談ください。

タコ

タコ(胼胝)は、皮膚のある一点に圧迫や摩擦が加わり続けることで、圧を加えている皮膚の角質が硬くなっている状態です。広い範囲で均一に角質が厚く硬くなるので、あまり痛みは伴いません。ただ触った感覚が少し鈍くなることがあります。なおタコには鉛筆などの筆記用具を用いて、長期間同じような持ち方で、ある一点に圧を加えて書き続けることで、触れている部分にタコができるペンダコ、空手など格闘技の鍛錬で生じる拳ダコなどがあります。原因となる圧迫や摩擦が除去しないと完治は難しいですが、処置をする事によりかなり症状を軽減できます。

ウオノメ

ウオノメ(鶏眼)は、足の皮膚のある一点に圧迫や摩擦などの刺激が長い期間加わり続けることで皮膚の角質が硬くなっていき、それが蓄積していくことで皮膚の表面は厚くなり、その角質の中心は芯のように硬くなって皮膚の内側へと侵入していく疾患です。この芯の部分が魚の目に似ていることから、ウオノメと呼ばれるようになりました。主に足の裏や足の指の間に発生し、歩く際に痛みが生じます。

痛みがひどい場合にウオノメは取り除く必要があります。治療法としては肥厚した角質を削り薄くするようにしますが、芯の部分が角質のかなり深い部分まで達することがあるので、自らの処置は行わずに医療機関で行うようにした方が良いと思われます。このほか液体窒素での除去やサリチル酸などを用いて皮膚を軟化させてから除去する方法もあります。

円形脱毛症

頭にコイン大ほどの丸い脱毛斑(ハゲ)が何の前触れもなく生じます。しかも、この脱毛斑は一ヵ所のみではなく、まだらのように多発することもあります。また、円形脱毛と呼ばれていますが、症状は脱毛斑とも限りません。場合によっては頭全体の毛が抜けたり、全身の毛が抜けたりすることもあります。

これまで円形脱毛症の発症原因は、精神的ストレスによるものと考えられてきました。しかし最近になって、必ずしもストレスが要因というわけではなく、遺伝的要因や免疫異常も関係しているのではないかという指摘もあります。

この疾患は脱毛斑が少ない場合は自然に治るケースもありますが、広範囲に症状(多発型・汎発型・全頭型)が見られる場合は、良くなるまでに時間がかかるので根気よく治療を続けることが必要です。ただ長時間かかるとはいえ、毛包の大元になる細胞(幹細胞)は残っていますので、治療を行うことで毛髪が戻る可能性が高いです。

当院の治療法では、内服薬や外用薬を用いるほか、症状に合わせて他の加療も行っています。是非ご相談ください。

肌あれ

肌あれとは、原因はよくわからないが皮膚が赤みを帯びている、かゆみがある、カサカサしている、吹き出物ができているといった皮膚症状が現れている状態を言います。「皮膚は全身を映す鏡」とも言われ、このような肌あれが単なるかぶれや湿疹といった皮膚疾患とは限らず、内臓など体の内部における様々な病気(内科的な疾患)が皮膚症状として現れることも可能性としてあります。皮膚の異常が見つかりましたら、速やかに皮膚科を受診するようにしてください。

なお、肌あれの対症療法としては、尿素軟骨やヘパリン類似物質の入った外用薬など、皮膚の潤いを保つ塗り薬を用います。

虫刺され

虫刺されは、蚊、ダニ、ノミ、アブ、ハチ、ケムシなどの虫に刺されたり、接触するなどした部位に生じる赤みを伴う発疹のことです。症状の程度は、かゆみを我慢すればほどなく治まるものから、すぐに毒抜きなどの処置が必要なものまで様々です。なかでも、気をつけなければならないのはハチに刺された後で、場合によっては、血圧低下や意識消失など、強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が起こることもあります。

虫刺されによって生じる皮膚症状は、主に痛みあるいはかゆみを伴うケースの二つがあります。痛みについては、虫が皮膚を刺す、もしくは咬むことによる物理的な痛み、そしてもう一つが皮膚に注入された物質の化学的刺激による痛みです。

かゆみについては、皮膚に注入された物質(唾液腺物質や毒成分)に対するアレルギー反応によって引き起こされます。このアレルギー反応には、「即時型反応」と「遅延型反応」があります。即時型反応は、虫に刺された直後からかゆみや発赤、じんましんなどが現れますが、数時間後にはそのような症状は軽くなります。一方の遅延型反応では、虫に刺されてから1~2日後に痒み、発赤、ブツブツ、水ぶくれなどが生じ、数日~1週間程度で症状は軽くなります。このようなアレルギー反応の出方は、虫に刺された頻度やその人の体質によって大きな個人差が生じるのが特徴です。

虫刺されの治療に関しては、ステロイド軟膏を短期間使用します。そして刺されによる腫れやかゆみが強い場合は、抗アレルギー薬を用います。また、場合によってはステロイド薬の内服が必要になることもあります。

しみ・そばかす、日焼けの治療

しみ・そばかす

メラニン色素が肌に沈着してできる、薄茶色から濃褐色の斑点がしみです。しみの原因は紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、遺伝的要素など様々です。そばかすは、しみに比べると斑点が細かいのが特徴で、主な原因は遺伝的要素によるものが大きいと言われています。

なお、しみの中で疾患概念が確立しているのは、肝斑、老人性色素斑(日光黒子)、後天性対称性真皮メラノサイトーシスなどです。肝斑は、頬や額、鼻の下などに左右対称に、ほぼ同じ形・大きさでできる薄茶色のしみを言います。老人性色素斑は中年以上の年齢層の方の顔面や手の甲、前腕伸側などに現れる楕円形の大小様々な褐色斑です。後天性対称性真皮メラノサイトーシスは、両頬の上部に20歳前後から小さな茶色の色素斑が増えてくる「あざ」の一種のことを言います。肝斑と間違われることもあるので、治療を行うにあたってはしっかり鑑別する必要があります。

なお、しみやそばかすの治療法には、レーザー照射や凍結療法などが用いられます。しみの種類によって1回で済む場合もあれば、繰り返し照射する必要があるケースもあります。治療法などについてお聞きしたいことがある場合は、お気軽にご相談ください。

日焼け

紫外線(太陽光線)を原因とした皮膚の障害が日焼けです。この紫外線により皮膚が赤くなったり、人によってはむくみや水疱といった症状が現れます。そして時間が経過すると肌が黒くなっていきます。

なお、日焼けはやけどの一種です。とくに水ぶくれを起こすような日焼けは、まさにやけどに近い状態と言えます。また、元々肌が白いという方は、日焼けをすることで熱い風呂に入ったように肌が赤くなりやすいです。このような日焼けをしている場合は注意が必要です。

治療は、やけどの対処法と同様です。症状が出ている患部をまずは冷やします。また日焼け(炎症)の症状が強い場合には、ステロイド薬の塗り薬を用いるようにします。痛みや水ぶくれの症状がある方は、速やかに当院をご受診ください。

体型でお悩みの方

ご自身の体型のことが気になっていたり、悩んでいるという方に対し漢方薬の処方もしています。ご相談ください。

いけがき皮膚科

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科

住所:茨城県古河市緑町54-33

駐車場:第1・第2駐車場48台完備

アクセス:東北本線「古河駅」

tel.0280-31-1217

9:30~13:00 -
14:30~18:30 -

休診日:木曜、日曜、祝日 :土曜午前の診療時間は、9:00~13:00
:土曜日午後は、14:00~17:30(完全予約制)の手術、レーザー治療

※受付開始は、診療開始30分前の平日は9:00から、土曜日は8:30からです。
※最終受付は終了時間の15分前となります。