メニュー

ハイフ

      

こんな方におすすめ

 

  • たるみの改善をしたい
  • 肌にハリや弾力がほしい
  • なんとなく肌が疲れている気がする
  • メスを使った治療には抵抗がある
  • 小じわやほうれい線の改善がしたい

 

ウルトラセルQプラスとは副作用・禁忌事項料金院長によるハイフブログQ&A症例写真ハイフ動画

ウルトラセルQプラス(ULTRAcel Q+)とは

ウルトラセルQプラス(ULTRAcel Q+)は、HIFU(高密度焦点式超音波)という超音波で肌の奥に熱エネルギーを届け、強力な引き締め効果を得る「切らないたるみ治療」です。


たるみを解消する為には、肌の奥深く、SMAS層(筋膜)にアプローチすることが必要です。
これには外科的な「切る」手術が必要でしたが、HIFUはこれまで届かなかったSMAS層へ切らずに働きかけることができます。

HIFU(高密度焦点式超音波)を使った切らないシワ・たるみ治療です。
高エネルギーの超音波を発生させ、体内の一点に集め、超音波が集束された部分だけが高温になります。
もとは様々ながん治療に使用するためのもので、他の組織にはダメージはほとんどないことが特徴です。

 

効果は即時的&中長期的

HIFUテクノロジー搭載のウルトラセルQプラスは、ターゲットに超音波の熱エネルギーを与えることで脂肪細胞を破壊し排出します。

施術後コラーゲンの再生が行われる2~3ヶ月後に最も効果を感じていただけます。またこの効果は中長期的に継続します。

 

副作用とリスク

皮膚の浅い層に照射することで、赤み、熱感、腫れなどがでる可能性があります。
施術当日赤みがでる場合があります。

【その他の副作用・リスク】感染、熱傷、神経麻痺、色素沈着、毛包炎、紅斑、紫斑

禁忌事項

  • 施術部位に金属糸または金属テンプレートなどを入れている方
  • 糖尿病合併症を発症している方
  • 心臓ペースメーカー等埋め込み型医療機器を体内に埋め込んでいる方
  • 皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • 妊娠している方
  • 施術部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある方
  • 心臓に疾患がある方
  • ケロイドを有する部位およびケロイド体質の方
  • 局所麻酔に対する皮膚アレルギーの方
  • アルコール中毒、薬物中毒のような精神神経症の方
  • 出血性疾患を発症している方
  • 甲状腺疾患のある方の首施術

 

Q&A

Q. 施術時間は?

A. 施術内容、照射部位によって異なりますが、全顔のリフトアップ治療の照射時間は平均30分程度です。

Q. 痛みはありますか?

A. 肌へのダメージを最小限に抑えているため、ダウンタイムはほとんど必要ありません。
治療直後でもメイクしてお帰りいただけます。日常生活でも支障はありません。
まれに腫れやかゆみが伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。

Q. ウルトラセルQプラスの治療直後でも効果はわかりますか?

A. 治療直後から効果を感じることはできますが、一番効果を実感できるのはコラーゲンが再生始める1ヶ月後頃から3ヶ月くらいに効果が最大になり、6ヶ月程度は持続します。

 

症例写真

2023年5月より、『二の腕すっきりハイフ』を追加いたしました。

HIFU(ハイフ)2週間に1回のペースで3回照射。 効果 リフトアップ、コラーゲン増加 副作用 発赤、腫脹、火傷、神経障害

 

 

いけがき皮膚科ハイフ動画

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME