メニュー

小児皮膚科

子ども特有の皮膚症状や皮膚疾患につきましても当院にご相談ください。
小児の皮膚は角層が薄く、皮脂の分泌量についても不安定なので、皮膚バリア機能(角層の内側の水分の蒸発を防ぐ、細菌・有害物質が皮内に入るのを防ぐといった働きがある)が未熟です。それゆえ、少しの刺激で湿疹や皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染するなど、皮膚のトラブルが起こりやすいのです。そのため、日頃から注意する必要があります。

上記のことからお子様の皮膚は、成人に比べて非常に繊細ですので、大人以上にスキンケアが大切です。保護者の方でケアの仕方がよくわからないという場合は、その方法を丁寧にご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。また当院では待合スペースにキッズスペースを設けております。

小児によくみられる皮膚疾患

おむつかぶれ

おむつかぶれは、主に乳児が履くおむつの部位に生じる皮膚の炎症です。これは、尿や便に含まれているアンモニアや酵素などによる刺激、おしりを拭く際に生じる摩擦行為などの外的な刺激も加わることで、おむつが当たる部位に赤いブツブツやただれが現れるようになります。

このような症状が見られたら、洗面器にぬるま湯を入れておしりをよく洗ってください。綺麗にしてから亜鉛華軟膏やワセリンを塗ります。症状がひどいという場合には、弱いステロイド軟膏を塗ることもあります。なお、乳児の皮膚のしわの間に皮膚炎がみられる場合は、カンジダ皮膚炎を発症していることもあり検査が必要になります。

とびひ

とびひは、細菌感染によって発症する皮膚疾患で、直接触る事で人から人へとうつります。主に湿疹や虫刺されによる患部などを掻き壊した部位から手などを介して、瞬く間に水ぶくれが全身へと広がっていきます。その広がり方が、まるで火の粉が飛び火する様に似ていることから、一般的には「とびひ」と呼ばれています。正式な疾患名は「伝染性膿痂疹(のうかしん)」です。

このとびひには、2つのタイプがあります。ひとつは水ぶくれが生じる水疱性膿痂疹で、これが一般的にとびひと呼ばれるものです。かゆみがあり、患部を掻いた手でほかの箇所にも触れてしまうと、体のあちこちに膿痂疹が広がっていきます。なお水ぶくれの主な原因は黄色ブドウ球菌で、これが毒素を産生することで水疱が生じるようになるのです。夏の時期に小児がよく発症することでも知られています。もうひとつのタイプは、痂皮(かひ)性膿痂疹です。こちらは水疱の形成は少なく、小さな紅斑から症状がみられるようになり、厚いかさぶたになるのが特徴です。近年はアトピー性皮膚炎の患者様によく見られると言われています。

注意ですが、水疱性膿痂疹の場合はシャワーなどで患部を清潔にしてください。またかさぶたができるまでは疾患を拡散させないようにタオルの使い回しは避けます。治療では、主に抗菌薬を使用します。強いかゆみや炎症がある場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、亜鉛華軟膏などを使用します。

水いぼ

水いぼは伝染性軟属腫ウイルスが原因で発症することから、正式な病名は「伝染性軟属腫」です。幼児から小学校低学年の児童に発症しやすい皮膚感染症で、アトピー性皮膚炎を発症している小児が発症しやすいという特徴があります。ただ、アトピーでない子どもでも、プールなどで、タオル、浮き輪、ビート板等を一緒に使うことで感染することもあります。

水いぼ自体は柔らかく、見た目は水っぽくて光沢があります。ひとつの大きさは直径2~10mmほどで、全身どこでも発症します。また患部に接触したり、患部を触ったものを介するなどして感染すると、水いぼの数は増えていきます。水いぼ自体に症状はなく、痛みやかゆみといった症状が出現する場合は、二次的に湿疹になっている場合があります。その場合は、湿疹の治療を先に行う場合があります。

放置をし続けても半年~1年ほどで自然に治癒することなどから、ある意味何もしなくても問題がないとも言えます。ただ、感染力が強く見た目の悪さなどから除去する場合も多く、ご両親と相談し柔軟に対応いたします。治療は水いぼの除去になりますが、その方法は、専用のピンセットで一つずつ摘まみ、内容物を出すというのが一般的です。その際に強い痛みが生じるので麻酔のテープ(ペンレステープ)を用いる事も可能です。麻酔テープを使用する場合は、午前・午後の終了時間1時間以上前にお越しください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME