メニュー

粉瘤

粉瘤とは  原因  治療  生活指導

 

粉瘤は、皮膚の中にもう一つ皮膚の袋が形成され、その中に本来垢となって剥がれ落ちる角質がたまる良性腫瘍です。別名、アテローム・表皮嚢腫とも呼ばれます。

初期段階は米粒程度の小さな袋ですが、袋の中に角質・皮脂が溜まり袋が徐々に大きくなっていきます。溜まった角質・皮脂が排出された時には、悪臭が生じる場合もあります。

 

粉瘤は体のどの部分にもできますが、特に背中・首・顔面に生じることが多いです。大きいものだと10センチ程度のサイズになるものもあります。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME