メニュー

虫刺され

虫刺されは、蚊、ダニ、ノミ、アブ、ハチ、ケムシなどの虫に刺されたり、接触するなどした部位に生じる赤みを伴う発疹のことです。症状の程度は、かゆみを我慢すればほどなく治まるものから、すぐに毒抜きなどの処置が必要なものまで様々です。なかでも、気をつけなければならないのはハチに刺された後で、場合によっては、血圧低下や意識消失など、強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が起こることもあります。

虫刺されによって生じる皮膚症状は、主に痛みあるいはかゆみを伴うケースの二つがあります。痛みについては、虫が皮膚を刺す、もしくは咬むことによる物理的な痛み、そしてもう一つが皮膚に注入された物質の化学的刺激による痛みです。

かゆみについては、皮膚に注入された物質(唾液腺物質や毒成分)に対するアレルギー反応によって引き起こされます。このアレルギー反応には、「即時型反応」と「遅延型反応」があります。即時型反応は、虫に刺された直後からかゆみや発赤、じんましんなどが現れますが、数時間後にはそのような症状は軽くなります。一方の遅延型反応では、虫に刺されてから1~2日後に痒み、発赤、ブツブツ、水ぶくれなどが生じ、数日~1週間程度で症状は軽くなります。このようなアレルギー反応の出方は、虫に刺された頻度やその人の体質によって大きな個人差が生じるのが特徴です。

虫刺されの治療に関しては、ステロイド軟膏を短期間使用します。そして刺されによる腫れやかゆみが強い場合は、抗アレルギー薬を用います。また、場合によってはステロイド薬の内服が必要になることもあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME