メニュー

トレチノイン、ハイドロキノン

トレチノインはこのような方におすすめです

  • しみに悩んでいる方
  • しわが増えてきた方
  • にきびがなかなか治らない方
  • お肌のハリを取り戻したい
  • 毛穴の詰まりや開きが気になる方
  • アンチエイジング

トレチノインとは

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。

このレチノイン酸は、誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはまずありません。

トレチノインは米国ではしわ、ニキビの治療医薬品として、FDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。

トレチノインの主な効果

表皮の細胞は表皮の一番深い層(基底層といいます)で生まれてから、徐々に表面に押し上げられてきて、やがて角質となり、最後は垢となって皮膚から剥がれていきます。

この表皮の細胞の一生のサイクルを皮膚のターンオーバーと呼び、約4週間かかることが知られています。大多数のしみは、表皮の一番深い層(基底層)周辺にメラニン色素が沈着しています。

この層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。通常市販されている美白剤(医薬部外品)は、メラノサイトがメラニン色素を新しく作る量を減らすような働きをする有効成分が微量含まれてはいますが、非常にその作用が弱いうえに、現在沈着しているメラニン色素を外に出してしまうような作用はないため、すでに存在しているしみは良くなりません。

トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2週間から4週間でメラニン色素を外に出してしまいます。これがトレチノインの特長です。

トレチノイン使用上の注意

  • トレチノインのご使用中に赤みが出たり、かゆみ、皮膚がボロボロとめくれる症状は、ビタミンAが皮膚へ浸透して作用する過程で起こることです。症状がおさまるまで一旦外用を中止し、数日間保湿のみ行っていただきます。とくに強い刺激を感じたら、使用頻度を下げる、使用を中止する、医師の診断を受けるなどしてください。
  • 妊娠中、授乳中もしくは妊娠の可能性がある方は、トレチノインはお使いいただけません。ご注意ください。
  • 使用期限の目安は処方から約2か月です。要冷蔵保管

トレチノイン

0.1% 5グラム 2,200円
0.05% 5グラム 1,500円
0.025% 5グラム 1,200円

 

ハイドロキノン(しみクリーム)はこんな症状に効果があります

  • しみ、肝斑、そばかす
  • 美白効果
  • アンチエイジング

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは美白効果があり、しみ等の色素沈着の治療に用いられています。メラニン色素をつくるチロシナーゼという酵素の働きを弱めることで色素沈着をおさえます。

米国では『美白』といえばハイドロキノンが主流です。
ハイドロキノンは【肌の漂白剤】といわれるほど強力な美白作用を持ち、メラニン色素を作るチロシナーゼ酵素の働きを抑える効果が強いものです。効果が高い分、まれに赤みや皮膚がむけるなど治療効果としての作用・副作用がでることがあるため、医師の診断が必要になります。

 

ハイドロキノンはシミの原因になる、チロシナーゼ(メラニン合成酵素)の働きを弱め、さらにメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の活動を停止させ、減少させていく働きがあります。これによって、新しいシミを作らせないようにするのです。

ハイドロキノンは、これからできる『シミ予備軍』を作らせないように働きかけたり、また直接メラニンに働きかけて淡色化する「漂白作用」を持つともいわれています。
また、ハイドロキノンとは、アルブチン(植物から抽出)の一種で、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶、細菌類、海洋生物種の副産物など天然にも存在するものです。

ハイドロキノン使用上の注意

・ハイドロキノンは高い漂白効果を持っていますが、濃度や投与量が多くなれば副作用が生じる可能性があります。副作用としては、肌に赤みや痒み、かぶれなどが現れます。
皮膚への刺激を感じる場合には使用を中止し、医師へ相談するようにしましょう。
・また、ハイドロキノンを使用している最中は、強い紫外線を浴びることでシミが濃くなってしまいやすくなっています。
外出時には、しっかりと保湿と紫外線対策をしてください。

・ハイドロキノンの効果を感じるには継続して使用する必要がありますが、使用方法を間違いしようすることで白斑を引き起こす可能性があります。そのため、使用方法や使用期間については医師の指示に従ってください。

 

 

ハイドロキノンとトレチノインの外用併用治療

ハイドロキノンとトレチノインを併用することで美白効果が何倍にも強力になり、難治性の色素性病変・状態に効果があります。

 

トレチノイン、ハイドロキノンともに、購入時には医師の診察が必要になります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME