メニュー

首いぼ

年齢とともに首やわきの下に小さないぼが出来てきて、だんだんと数が増えてくることがあります。

首にたくさんできてくるいぼは非感染性で、大部分はアクロコルドンとスキンタッグになります。
アクロコルドンとスキンタッグは中高年以降に目立ってきますが、20歳代から徐々に出来始めます。場所は首以外にもまぶたやわきの下、胸など皮膚が薄くて弱い部分に見られます。皮膚の良性腫瘍の一種で、特に心配な病気ではありませんが、こすれによる炎症を生じてくることがあります。

 

首いぼの種類

 

首によくみられる代表的ないぼは次の三種類です。
見た目や大きさで区別していますが、基本的には同じようなものなので、これらは混在して見られます。
いぼの種類や大きさによって治療法は異なります。

アクロコルドン

小さくて、あまり盛り上がっていない褐色のいぼ

 
スキンタッグ

アクロコルドンよりも少し大きくて、皮膚からとび出ているいぼ

 
軟性線維腫

直径5mmを超える大型のいぼ

 

 

治療

  • 液体窒素を用いた冷凍療法:-200℃近い超低温の液体窒素で凍結します。凍結した部分は1~2週間後、かさぶたになって自然に脱落します。スキンタッグの治療に適します。
    ハサミで切り取る:小さないぼならハサミで切り取ってもほとんど出血しません。スキンタッグの治療に適します。
    炭酸ガスレーザー:盛り上がった組織を瞬時に蒸発させます。小さないぼなら麻酔は不要です。アクロコルドンの治療に適します。
  • 手術:局所麻酔を用いた簡単な手術です。いぼの根元をメスで切り取って、傷を縫い合わせます。

 

料金

2mmまでの小さな首いぼ(レーザー治療)

 

料金表

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME